審査を受ける時のポイントと気を付ける点

審査の前に必要な物は全て用意しておく

出来るだけスムーズに審査を終えたいと思っているのであれば、必要な物は予めすべて用意しておき、不備が無い状態にしておく事が重要です。
もちろん不備が発覚した場合はそれを取りに戻るという事もできますが、その時点で審査自体はストップしてしまいます。
その日のうちにお金を貸してもらいたいと思っていても、審査が止まってしまえば即日融資ができなくなる可能性もでてきます。
必要な物は金融機関のサイト等にも全て掲載されているので、それを見て用意しておきましょう。

審査の時の服装

就職の面接をするわけではありませんので、それほど気合いの入った服で行く必要はありませんが、あまりにもラフすぎる格好で申し込みにいくのも考え物です。
例えば、家から5分程度の所に融資の申し込みに行くからといって、部屋着で出かけた場合に相手はどのように感じるでしょうか。
もちろん服装が審査に与える影響はごくわずかです。
しかし、相手を不安にさせるようなことは極力避けるべきです。
スーツを着ていく必要は全くありませんが、せめて誰かと会っても恥ずかしくないような服装で出かけるようにしてください。
また夏の場合はどうしても服装がラフになりがちですが、Tシャツに短パン、サンダルなどはあまりお勧めできません。

審査での嘘

これを正直に話してしまうときっと自分の評価が下がってしまうから、ここは少し話を盛って真実と嘘をミックスしてしまおうと考えてしまい、ついつい嘘をついてしまうということは、日常生活では普通にやってしまっているかもしれません。
ただ、カードローンの審査の時にそれをしてしまうのは絶対にいけません。
融資の申し込みをする人はお金を貸してもらう立場なので、相手には正直に全てを申告する必要があるからです。
また、そもそも金融機関側は個人信用情報を利用しているので、嘘は簡単にバレてしまいます。

審査を受ける金融機関は多い方が良いのか

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという言葉もありますが、カードローンに関してはこれは適用されません。
A社がダメな時の為にB社、C社にも同時に申し込みをしておこうと考える人もいるでしょうが、これを行ってしまうと申し込みブラックになってしまい融資不可と判断されてしまいます。
融資の申し込みをするのは1社に絞り、ここで絶対にお金を借りるという意気込みで審査にも臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です